「土から暮らしを考える」をテーマとした、京陶窯業株式会社の新ブランド構築事業 “KYOTOH”を立ち上げ、2021年2月より販売開始。








京陶窯業株式会社(岐阜県多治見市)は、OEM主体だったこれまでから一歩踏み出す新自社ブランド事業として「KYOTOH」を2020年12月1日立ち上げ、来年2月初旬に販売を開始します。「土から暮らしを考える」をテーマに根本から人の暮らしに役立つライフスタイルプロダクト(料理器具・食器・インテリア・植栽用品等)をご提案し、ウィズコロナでのネット通販展開・アフターコロナでのグローバル展開を見据えて活路を見出して参ります。


2019年6月からプロジェクトを開始し、製品デザイン・ブランドプロデュースを、世界最高権威のデザイン賞 16受賞のカロッツェリア・カワイ株式会社(愛知県名古屋市)に依頼。およそ一年半の試行錯誤を経て、カラーバリエーションを含む52商品を揃え立ち上げに至


りました。


ブランドコンセプトは“土から暮らしを考える“

KYOTOHは1300年の歴史を持つ日本屈指の焼き物生産地「美濃焼き」の岐阜県多治見市で、メーカーとして70年以上の業歴を持つ、京陶窯業株式会社の新しいブランドです。この生産地の他にない最大の特長は、原材料の「土」を採掘する山があり、基本の「土」から根本的に暮らしに役立つプロダクトを研究できる環境です。その優れた土壌を最大に活かし、長年培った「経験」「技術」「発想」「手間暇」「デザイン」より、調理器具、食器、インテリア、植栽用品等、上質な暮らしを彩るプロダクトをご提案します。






デザインコンセプトは“アートのあるシンプルな暮らし”を提案する。


シンプルでありながら、アートのエレメントを五感で味わえる。暮らしに、さりげなくアートを取り入れられるプロダクトとは、そうあるべきと考えました。KYOTOH はそのテーマを実現する、絶妙なバランスを追求します。

4回の閲覧0件のコメント